脊柱管狭窄症の特徴

足先に麻痺があり、力が入らず転ぶことがあります。
ブロック注射をしても後から痛み、痺れが再発します。

鎮痛剤を飲んでも薬が効かなくなります。
間欠性跛行になり突然歩けなくなってきます。
突然歩けなくなってしまう病気なので1日でも早く治療に来院して下さい。
続ける事により深部の筋肉の硬直、神経根の圧迫が取れ早く症状が改善されます。
ご遠方の方、海外の方も多数来院されています。
当院は99%が脊柱管狭窄症の患者様です。
長く立っていられない。
平行感覚を失い歩くとフラつきが出る。
足がむくみ歩きにくくなる。
足の裏に灼熱感が出てくる。
足の裏に石、砂利を踏んだ感じが出てくる。

TOPへ戻る  坐骨神経痛は  脊柱管狭窄症は  椎間板ヘルニアは